2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 亀戸天神の藤まつり_お気に入りの大房 | トップページ | 亀戸天神の藤まつり_藤棚を見上げて »

2008年7月16日 (水)

亀戸天神の藤まつり_ソフトフォーカスレンズで

61310029rs_1ソフトフォーカス・ベス単レンズKIYOHARA-SOFT VK50R F4.5にND4フィルターを付けてパチリ!
絵に描いたような表現になるところが気に入っています。

61310034r_2こちらも清原光学のレンズで撮りました。
絞りはf4.5から16まであり、無段階で設定できます。
f5.6~8に設定するのがちょうどよいボケ味です。
花風景・花マクロ写真を撮りに行くときには必ず持っていきます。(125gと軽い)

写真のように、単色よりも原色を含んだ数多くの色があるほうが、いい感じに写ります。

61310036r_3このレンズは、自動絞りではありません。
そのため、次のような撮影手順が必要です。
①被写体をファインダーで捉え、構図を決定する。
②ボケ味を絞りリングを回しながら、ファインダーを見て決定する。
③絞り込んだ状態でピントを合わせる。
④シャッターを切る。
⑤絞り優先オートで問題なく適正露出となる。

私の保有カメラD200、FA、FE2の場合、絞り優先絞り込み測光で適正露出となります。
F2はマニュアル露出なので絞り込み測光にセットして(フォトミックファインダーのAi連動バーを上に押し込む)、シャッタースピードダイヤルを回して適正値をセットすればOKです。
ソフトフォーカスの画(え)なので、少しプラス補正をしたり、ハイキートーン(+1以上のプラス補正)にすると良い結果が得られます。
絞り設定に対し、シャッタースピードが1/1000を超えるようなときは、減光フィルターのND4を使うようにしています。シャッタースピードは1/500くらいまでが良いと考えています。理由は特にありませんけれども。

« 亀戸天神の藤まつり_お気に入りの大房 | トップページ | 亀戸天神の藤まつり_藤棚を見上げて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/41848397

この記事へのトラックバック一覧です: 亀戸天神の藤まつり_ソフトフォーカスレンズで:

« 亀戸天神の藤まつり_お気に入りの大房 | トップページ | 亀戸天神の藤まつり_藤棚を見上げて »