2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 雨の京成バラ園_雨に濡れるバラ<2> | トップページ | ブルーレイディーガの広告(小雪) »

2009年2月21日 (土)

雨の京成バラ園_雨に濡れるバラ<3>

1_2_bara_036sうらら(Urara)
系統:フロリバンダ系(FL)
作出年:1995年
作出国:日本
作出者:京成バラ園芸
特徴:シーズンを通してよく咲き続けます。株は強健で、葉は厚みがあり、たいへん華やかな雰囲気をかもし出す花です。1995年JRC金賞受賞。

Nikon FA  Ai Micro Nikkor 105mm F2.8S  at f4絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

2_3_bara_010sうららのアップです。

Nikon FA  Ai Micro Nikkor 105mm F2.8S  at f4絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

3_3_bara_021リオサンバ(Rio Samba)
系統:ハイブリッド・ティー系(HT)
作出年:1991年
作出国:アメリカ
作出者:J&P
特徴:花色の色のりが鮮やかな品種。早咲きで強健。1993年AARS受賞。

Nikon FA  Ai Micro Nikkor 105mm F2.8S  at f4絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

4_2_bara_033黒蝶(Kurocho)
系統:アンティークタッチローズ系(An)
作出年:2005年
作出国:日本
作出者:京成バラ園芸
特徴:日焼けによる縮れが少なく、花もちがよい。コンパクトな株。

黒味のかかった赤色のバラ、珍しい色ですね。

Nikon FA  Ai Micro Nikkor 105mm F2.8S  at f5.6絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

5_2_bara_009ブルー バユー(Blue Bajou)
系統:フロリバンダ系(FL)
作出年:1993年
作出国:ドイツ
作出者:コルデス
特徴:中輪系では数少ない藤色の品種で、多花性です。既存の紫系品種の中でも特に青味が強く幻想的な雰囲気をかもしだしています。

Nikon FA  Ai Micro Nikkor 105mm F2.8S  at f4絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

久しぶりにポジフイルムで撮ったバラの写真、デジタルで撮るよりも味というか情感が出ていいなあ。これで「雨の京成バラ園」シリーズを終わります。

« 雨の京成バラ園_雨に濡れるバラ<2> | トップページ | ブルーレイディーガの広告(小雪) »

コメント

ぽよりんさん、おはようございます^^

意外とはやくシリーズ終了しましたね
ちと残念だったような気も・・・coldsweats01
でも
フィルムの情感・・・分るような気がします^^
「黒蝶」の深い赤なんて
たぶんフィルムの色の醍醐味が出てるのかなぁ
なんて感じてしまいました。
「リオサンバ」も
私の好きな色の系統なのでキレイでしたね!!

亀三郎さん、こんばんは。

> 意外とはやくシリーズ終了しましたね
ちと残念だったような気も・・・

そのとおりなんですよ。weep
デジタルとフイルムの差はスピード感と量なんですよ。
デジタルだったら、花の名前のプラカードを撮って、
バラを撮ってという流れで済みますが、フイルムの
今回の場合は、撮影のつどミニメモ帳にバラの種類の
メモ、そして、絞りなどの撮影データのメモを
しながら進めていくんです。
それと、36枚ごとのフイルム交換。
さらに雨なので、傘をさして濡れないように…。
ということで、フイルムは不便なのでした。

でも、「黒蝶」などの黒い赤もそうですが、真赤って、
私のD200とD700は色トビしてしまいます。
(色トビというより色飽和)
面倒でも色を正確に出したいときはフイルムになって
しまいます。私の場合。

バラ園に行くと撮影時間は3-4時間。
フイルムだと36枚撮りを2-3本(=100枚くらい)。
デジタルで出かけると4-500枚くらい撮りますから、
元データが5倍ほど違ってます。
で、そんな話はもういいとして、バラの話です。

明後日くらいから、谷津バラ園の秋バラシリーズを
始めます。
そして、そのあとの予定は、朝露に濡れるバラシリーズ
(京成バラ園早朝)です。
きっと、秋バラ図鑑のようになると思います。

ここからしばらく、バラ続きで飽きちゃうと思いますが、
期待していてください。happy01

なるほど~~フィルムは大変だったんですね。
最近使って無いので「実感」がありませんでした。それはそれは失礼致しましたwobbly
でも
「バラ」シリーズは、いくら続いても楽しみですよ~~いろんなバラの表情を見るのは大好きですからね~~lovely

・・・しかし・・・
D700を持ってして・・・色飽和・・・
ぽよりんさんの基準点の高さに驚きました^^
でも
そうゆうこだわりがあるから
長く続けられる趣味になるんですよね。
わたし、なんとなくですがそう思います~~

亀三郎さん、おはようございます。

デジタル一眼は、昨年の花撮り(チューリップが顕著)での
色飽和で、しばらく買うのはよそうと思いました。
最近、フイルムの登場回数が増えてきています。
使いわけをするようになってきました。

あーだ、こーだと考えているのが楽しいんでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/44063369

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の京成バラ園_雨に濡れるバラ<3>:

« 雨の京成バラ園_雨に濡れるバラ<2> | トップページ | ブルーレイディーガの広告(小雪) »