2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<12>_姫檜扇水仙(ヒメオウギズイセン) | トップページ | 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<14>_ヘメロカリス »

2010年6月14日 (月)

川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<13>_トンボとカエル

トンボ※1とカエル※2に出会ったのでパチリ!
[撮影日:2009/7/11(土)]

1_2_kawamurakinen_021r 図鑑で調べてみると、‘アキアカネ’(学名:Sympetrum frequens)というアカネ(アカトンボ)属のトンボのようです。

※1 トンボ
一般名:トンボ(蜻蛉)
学名:Odonata
科属名:トンボ目トンボ科
体長:20~150mm
出現期:6~10月
生息地/その他:
全世界に約5,000種類、うち日本には200種類近くが分布している。卵-幼虫-成虫という成長段階を経る不完全変態の昆虫である。幼虫は水生昆虫で、ヤゴと呼ばれる。

PENTAX LX2000  Carl Zeiss Jena MC Flektogon Auto 35mm F2.4  at f2.8  絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

2_2_kawamurakinen_012r ‘シュレーゲルアオガエル’(学名:Rhacophorus schlegelii)かな?
カエルは昆虫じゃなくて動物ですね。

※2 カエル
一般名:カエル(蛙=Frog)
学名:Anura
科属名:脊椎動物亜門両生綱カエル目
体長:-
出現期:-
生息地/その他:日本には5科43種(ヒキガエル科、アマガエル科、アカガエル科、アオガエル科、ヒメアマガエル科)が分布し、およそその半分が日本の固有種です。

PENTAX LX2000  SMC PENTAX-A Macro 100mm F2.8  at f4.5  絞り優先AE
FUJIFILM PROVIA 100F Professional RDPⅢ135(ISO100)

« 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<12>_姫檜扇水仙(ヒメオウギズイセン) | トップページ | 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<14>_ヘメロカリス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/48617144

この記事へのトラックバック一覧です: 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<13>_トンボとカエル:

« 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<12>_姫檜扇水仙(ヒメオウギズイセン) | トップページ | 川村記念美術館へヤマユリを撮りに_<14>_ヘメロカリス »