2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マウリッツハイス美術館展の広告(真珠の耳飾りの少女) | トップページ | 朝日新聞DIGITALの広告(杏) »

2012年6月14日 (木)

角川映画・東映「愛と誠」の広告(妻夫木 聡/武井 咲)

R0019670r
愛と誠 6.16土 新宿バルト9他 全国ロードショー!

愛と誠

天使が悪魔に恋をした
監督:三池崇史   主演:妻夫木聡  武井咲

武井 咲さん順調にブレークしていますね。
今度は映画「愛と誠」の早乙女愛役です。

前回の武井 咲さんの記事…東京メトロ「We are the Tokyo Navigator」の広告(武井 咲)<3>_押上(スカイツリー前) To 空中散歩 @ 東京スカイツリー展望デッキ

RICOH GX200  at f3.8  1/7sec.(ISO100)

愛と誠
『愛と誠』(あいとまこと)は、梶原一騎原作・ながやす巧作画の漫画(劇画)。1973年3・4合併号から1976年39号まで週刊少年マガジンに連載された。映画化、テレビドラマ化、ラジオドラマ化などもされている。

信州の蓼科高原で早乙女愛(さおとめ あい)が偶然出会った不良青年・太賀誠(たいが まこと)。彼は幼い頃、愛の命を救った時、額に大きな傷を負ったばかりでなく両親や自らの人生さえも壊れてしまう。その償いとして誠を東京の高校へ転入させ、更生させようとするが、傷を負わされた誠の怒りは強く、逆に暴力で学園を支配しようと企む。しかし愛の献身的な行為により、これを阻止されると誠は関東一の不良高校・花園実業へと転校する。愛、そして彼女を愛し陰から支える男・岩清水弘(いわしみず ひろし)も花園へ移り物語は新たな展開を示す。
学園を支配する影の大番長・高原由紀(たかはら ゆき)、座王権太(ざおう ごんた)との対決、そして第3勢力の砂土谷峻(さどや しゅん)の登場。学園を舞台に誠と砂土谷の最後の対決が始まった。自分を捨てた母との悲しい再会ゆえに命を捨てて挑む誠の気迫に砂土谷は敗れた。束の間のやすらぎは長くは続かない。
次は愛の父が汚職事件に巻き込まれ逮捕、母は実家に戻り、かつてない苦況に立たされる。単身事件の解決に乗り出す誠は得意の喧嘩殺法で事件の首謀者達を叩きのめした。やがて検察の手で黒幕の総理が逮捕され、全てが解決されたその時、再び姿を現した砂土谷のナイフが誠を貫く。負傷した体を引きずり愛の待つ海岸へ向った誠は、最後の力をふり絞り愛を抱きしめ初めての口づけを交わす。太賀誠と早乙女愛にようやく訪れた幸福な時は、今訪れ、そして…終わった。

« マウリッツハイス美術館展の広告(真珠の耳飾りの少女) | トップページ | 朝日新聞DIGITALの広告(杏) »

コメント

おはようございます
愛と誠懐かしいですね 私ながやす巧の絵に惚れて
最後まで読み切ってしまいました・・・

★ カメラ夢遊さん、おはようございます。

ホント、懐かしいですね。
当時の映画は早乙女愛役をやっていたのが女優の早乙女愛でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角川映画・東映「愛と誠」の広告(妻夫木 聡/武井 咲):

« マウリッツハイス美術館展の広告(真珠の耳飾りの少女) | トップページ | 朝日新聞DIGITALの広告(杏) »