2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« フラワーセンター大船植物園にて_その16_リベルティア・フォルモサ | トップページ | フラワーセンター大船植物園にて_その18_大紫露草 »

2012年7月25日 (水)

フラワーセンター大船植物園にて_その17_春紫苑

1_dsc_6252r
一目見たとき、あっ貧乏草(ビンボウグサ)だと思いました。この花は子供の頃にみんな貧乏草と呼んでいました。
春紫苑(ハルジオン)などという洒落た花名は、今回撮ったあと調べてみて初めて知りました。
あまりにも可愛そうな別名があり、かつ嫌われている花ということが分かりました。元々、観賞用で帰化したのに雑草化したことが原因のようです。
[撮影日:2010/5/8(土)]

Nikon D200  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)  at f5  1/80sec.(ISO100)
偏光フィルター Nikon Circular Polar Ⅱ 77mm使用

2_dsc_6255r
Nikon D200  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)  at f5  1/50sec.(ISO100)
偏光フィルター Nikon Circular Polar Ⅱ 77mm使用

春紫苑
一般名:春紫苑(ハルジオン)
学名:Erigeron philadelphicus
別名:貧乏草(ビンボウグサ)
科属名:キク科ムカシヨモギ属
原産地:北米
特徴:
・開花期…4~5月
・花径…2~3cm
・花色…白、薄桃
・草丈…30~80cm
その他:
よく似た姫女苑(ヒメジョオン)よりも一回り花が大きいが、草丈は低い。花期は4~5月頃でヒメジョオンの6~7月頃よりも早い。
北アメリカ原産の帰化植物で、大正時代の中頃に観賞用として日本に入ったと言われているが、その後、雑草化していった。
ヒメジョオンとともに要注意外来生物に指定されているほか、日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されている。
一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言われている。

« フラワーセンター大船植物園にて_その16_リベルティア・フォルモサ | トップページ | フラワーセンター大船植物園にて_その18_大紫露草 »

コメント

こんにちは
ハルジオン
そっか、、、むかし、、折ったり摘んだりしたから
亀さん
いま、、、貧乏で
お金に苦しんでいるんですね、、、
この記事で、いまの現状に至った『理由』が
ハッキリ分かりました~~~coldsweats01

花の世界も
深いんですね・・・しみじみ・・・

★ 亀三郎さん、こんばんは。moon2

花も動物も昆虫も好き嫌いは人間が決めちゃっているんですよね~。
ホント、可愛そうな名前な花ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/55200786

この記事へのトラックバック一覧です: フラワーセンター大船植物園にて_その17_春紫苑:

« フラワーセンター大船植物園にて_その16_リベルティア・フォルモサ | トップページ | フラワーセンター大船植物園にて_その18_大紫露草 »