2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« フラワーセンター大船植物園にて_その35_温室内_5_ツンベルギア・マイソレンシス | トップページ | マウリッツハイス美術館展の広告(真珠の耳飾りの少女)_その3_少女と恋に落ちませんか。 »

2012年8月24日 (金)

フラワーセンター大船植物園にて_その36_温室内_6_翡翠葛

1_dsc_6406r
翡翠葛(ヒスイカズラ)です。
[撮影日:2010/5/8(土)]

Nikon D200  Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S  at f4  1/640sec.(ISO100)

2_dsc_6410r
Nikon D200  Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S  at f4  1/500sec.(ISO100)

3_dsc_6417rs
Nikon D200  Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S  at f4  1/1000sec.(ISO100)

翡翠葛
一般名:翡翠葛(ヒスイカズラ)
学名:Strongylodon macrobotrys
別名:ジェードバイン(Jade vine)
科属名:マメ科ストロンギロドン属
原産地:フィリピン(ルソン島)
特徴:
・開花期…3~5月
・花径…(花長…6~8cm/花序長…0.5~1.5m)
・花色…-
・草丈…(樹高…5~20m)
その他:
花名の由来は、花序の色が宝石の翡翠に似ていることによります。

« フラワーセンター大船植物園にて_その35_温室内_5_ツンベルギア・マイソレンシス | トップページ | マウリッツハイス美術館展の広告(真珠の耳飾りの少女)_その3_少女と恋に落ちませんか。 »

コメント

おはようございます。
うわ~~っ これ撮られたんですか。
新聞記事で”咲きだしました”と
こちらの植物園でもありましたが、
次期遅しでした。
自然の作りだす色合い。
神秘で美しいです。

こんにちは
2010年以来
「ヒスイカズラ」
見ていなかったので
嬉しくなってTBさせて頂きました!happy01

「花名の由来は、花序の色が宝石の翡翠に似ている
ことによります。」

  うーん、確かに・・・!
深みのある、神秘的な色あいですね。

余談ながら、ヒスイの産地は新潟県糸魚川ですね。
原石のある地域には、立ち入りが禁じられていますが
それが流れ下る姫川のたもとの海岸で、大きなヒスイの
原石を拾い、その資金で御殿を建てた人がいます。wink

★ ふうこさん、こんばんは。moon3

ホント、珍しい色合いの花でした。
フィリピン諸島の限られたところにしか自生してないレア物のようです。

★ 亀三郎さん、こんばんは。moon3

トラックバック、ありがとうございました。
そうそう、この記事、記憶あります。
このあとで、ぽよも撮っているんですね。
一度見たら忘れられない色ですよね~。up

★ (たぶん、いちさんかな?)

> 深みのある、神秘的な色あいですね。
ほんと、そのとおりでした。
そもそもレア物で、しかも開花時期も限られているのに
いい状態のときに出会えて超ラッキーでした。up

「 (たぶん、いちさんかな?) 」

  あっ、またネームを忘れてしもうて・・・。weep
それにしても、この素敵なブログがずーっと平穏に(?)
かつ盛況で続いているのは、当初不思議におもって
いましたが、それは、ぽよりんさんの腕もさることながら
きっと、そのお人柄があればこそなんでしょうね!

 以上、お詫びと、お礼を申し上げます。sun

★ いちさん、こんばんは。moon2

過分なお褒めをいただきまして、ありがとうございます。lovely
毎日記事をアップする励みになります。
今後ともよろしくお願いします。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/55453295

この記事へのトラックバック一覧です: フラワーセンター大船植物園にて_その36_温室内_6_翡翠葛:

» 「みかも山」公園(その2)『ヒスイカズラ』・・・フィリピン・ルソン島原産 [らんばらしょうぎ]
公園には、思ってたより人が来てました。 そう言えば、今は「春休み」中なんですよね [続きを読む]

« フラワーセンター大船植物園にて_その35_温室内_5_ツンベルギア・マイソレンシス | トップページ | マウリッツハイス美術館展の広告(真珠の耳飾りの少女)_その3_少女と恋に落ちませんか。 »