2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 修善寺旅行_その7_御殿場プレミアムアウトレット | トップページ | 東京メトロ「レッツエンジョイ東京」の広告_2012年9月_“月島”のロマンチックな地名の由来とは? »

2012年9月 2日 (日)

ブルームーン!

ブルームーンを撮ってみました。(少し甘い画像になっちゃいました)
満月の南中時刻は2012/8/31 23:35、それを少し過ぎた9/1 2:00の撮影です。

Dsr_1874r
ブルームーンとはいっても月が青くなるというわけじゃないんです。月の満ち欠けは約1ヶ月、正確には29.5日。実際の1ヶ月は28日(2月)or30日 or 31日ですが、これと29.5日の少しずつの差が重なることで2~3年に1度、1ヶ月に2度満月が訪れるというもの。この珍しい現象の2度目の方の満月をブルームーンと読んでいるんです。このレアな状態の月を見ると幸せになれるという都市伝説的な言い伝えもあるようです。
今回は2012年8月2日&31日でした。次回は3年後の2015年7月2日&31日です。
その昔は天体望遠鏡で月や星団などの天体写真を撮ってたこともあるんですが、超何年ぶりだったので、満足の出来ではありませんでした。次回はがんばるぞ~。
[撮影日:2012/9/1(土)]

Nikon D700  Reflex Nikkor 500mm F8<New>  at f8  1/500sec.(ISO200)

天体写真のことにちょっと触れているエピソード…オリンパスOMシステム_OLYMPUS OM-1N(Black)

PS.シャッターを切ったのは9/1になってからなので、厳密にはこの写真はブルームーンとは呼べないデス。

以下、撮影データ。

<撮影場所>
自宅ベランダ

<撮影日時>
2012/9/1(土)1:50-2:05

<天候>
晴れ

<カメラ>
Nikon D700

[記録媒体]
Transcend 16GB(400x)

[レンズ/レンズフード]
Reflex Nikkor 500mm F8<New>/レンズフードHN-27

[機材]
GITZO 三脚エクスプローラーG2258
梅本製作所 自由雲台SL-60ZSC
梅本製作所 クイックシューSG-80
トップ工業コインドライバー スタビーTRD-45(クイックシューSG-80用)
Nikon リモートコードMC-30

[RAW現像ソフト]
Nikon Capture NX 2

« 修善寺旅行_その7_御殿場プレミアムアウトレット | トップページ | 東京メトロ「レッツエンジョイ東京」の広告_2012年9月_“月島”のロマンチックな地名の由来とは? »

コメント

おはようございます
この月そんなに珍しいモノでしたのですか
私そんなことつい知らず撮りました 撮って
よかったみたいですね

こんにちは、
月の写真は難しいですよ。何度も挑戦するんですが、いつも失敗ばかりです。
でも、これだけの装置つかっても、甘い画像になるとは(@Д@;
ブレとは考えづらいので気流の関係ですかね。

★ カメラ夢遊さん、こんばんは。fullmoon

カメラ夢遊さんも撮ったんですね。camera
そうなんですよ、珍しいようです。
今度は3年後です。
屈折赤道儀望遠鏡でも買おうかな~。moneybag

★ 写真道楽人さん、こんばんは。fullmoon

そうですね、月の撮影は難しいです。enter

満月だけあってスポット測光値がf8で1/500secと出ました。
念のためミラーアップしてリモートコードでシャッターを切って
いますので、ブレじゃないですよね~。

ピントはライブビュー10倍で見ましたが、明るすぎて、かなり
分かり難かったです。
ピントの追い込みと写真道楽人さんがおっしゃる大気の揺らぎかも。
昔、天体写真を撮るときは、真冬にやっていましたから。
夏よりも冬の方が圧倒的に結果が良かったような。。。upwardright

D200で撮ると750mmになるので、今度はソレでやってみようかナ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/55554637

この記事へのトラックバック一覧です: ブルームーン!:

« 修善寺旅行_その7_御殿場プレミアムアウトレット | トップページ | 東京メトロ「レッツエンジョイ東京」の広告_2012年9月_“月島”のロマンチックな地名の由来とは? »