2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« てふてふ(足立区生物園)_その1_撮影データ | トップページ | てふてふ(足立区生物園)_その3_オオゴマダラ »

2013年4月 1日 (月)

てふてふ(足立区生物園)_その2_リュウキュウアサギマダラ

琉球浅葱斑(リュウキュウアサギマダラ)です。
一度、花に止まったら、じっくりと蜜を吸うのか、近寄っても逃げないので撮りやすかったな~。
D800で初めて使うAF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)とすでにデビュー済の新しいレンズSIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSMでチョウチョたちを撮りました。
[撮影日:2013/3/30(土)]

1_dsc_0482rs Nikon D800  SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM  at f5  1/200sec.(ISO640)

2_dsc_0671rs Nikon D800  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)  at f5  1/500sec.(ISO400)

3_dsc_0523rs Nikon D800  SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM  at f5  1/200sec.(ISO720)

4_dsc_0686r Nikon D800  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)  at f5  1/250sec.(ISO400)

5_dsc_0631r Nikon D800  AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)  at f5  1/200sec.(ISO1000)

琉球浅葱斑(リュウキュウアサギマダラ)
一般名:リュウキュウアサギマダラ(琉球浅葱斑)
学名:Ideopsis similis
科属名:タテハチョウ科リュウキュウアサギマダラ属
前翅長:45~50mm
生息地:インド、スリランカ、ミャンマー、マレーシア、中国南部、台湾、日本の南西諸島
エサ:幼虫はツルモウリンカを始めとするガガイモ科植物を食草とします。
その他:-

« てふてふ(足立区生物園)_その1_撮影データ | トップページ | てふてふ(足立区生物園)_その3_オオゴマダラ »

コメント

おはようございます
やきりマクロ180㎜になるとボケの感じ変わりますね 良い写りしています

こんにちは。sun
蝶を撮りに行くといっておられたので、どんなのかなぁheart01と思っておりましたら、
なんと綺麗な蝶。周りの草花も、きれいにボケて、主役を引き立ててますね。lovelygood
2枚目の写真。70-200mm で、よくここまで近づけましたね。lovelysign03

★ カメラ夢遊さん、こんばんは。 rain (14℃)

はい、180mmは手放せないレンズになりそうです。heart04

★ 写真道楽人さん、こんばんは。 rain (14℃)

旧大三元の70-200mm、DXクロップモードで使うと
換算300mm、MF使用時の最短撮影距離が1.4mなので
結構使えます。happy01
DXクロップでも1500万画素なり~。up

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/57074489

この記事へのトラックバック一覧です: てふてふ(足立区生物園)_その2_リュウキュウアサギマダラ:

« てふてふ(足立区生物園)_その1_撮影データ | トップページ | てふてふ(足立区生物園)_その3_オオゴマダラ »