2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その4_アーモンド | トップページ | 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その6_ベニスモモ »

2013年7月 7日 (日)

李の花(笛吹川フルーツ公園)_その5_ネクタリン

さすがフルーツ公園だけあって、ネクタリンの花も咲いていました。
初めて見ましたよ~。
品種名「リーグランド」とありました。
[撮影日:2013/3/23(土)]

1_dsc_0312r
Nikon D800  Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5  at f4.5  1/1250sec.(ISO200)

2_dsc_0316rNikon D800  SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM  at f5  1/1250sec.(ISO200)

3_dsc_0319rNikon D800  SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM  at f5  1/2000sec.(ISO200)

4_dsc_0318rNikon D800  SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM  at f5  1/1600sec.(ISO200)

ネクタリン

一般名:ネクタリン(Nectarine)
学名:Amygdalus persica var. nectarina
別名:ズバイモモ、油桃(ユトウ)、椿桃(ツバキモモ)、光桃(ヒカリモモ)
科属名:バラ科サクラ属(モモ属)
原産地:ヨーロッパ東部~アジア西部
特徴:
・開花期…4月
・花径…4~5cm
・花色…薄桃色
・草丈…(樹高…2m以上)
その他:
日本での生産地は長野県が全体の約70%を占めており、他に山梨県、福島県などのモモの産地で栽培されている。
モモと違うのは表面に毛がなく、つるつるしていることです。果肉の色は黄色または赤です。
種が取れやすいので食べやすいのも特長で、味はモモより酸味が強く、そのまま食べるほかでは、ジャムやゼリー、小さく切ってフルーツポンチにするなど、応用範囲の広いフルーツとして人気があります。
語源はギリシャ神話。
青春と美の女神「ヘベ」は、オリンポス山の神殿で行われる神々の宴で、みんなに酒をお酌するのが役目でした。彼女がふるまうお酒はたいそう甘くおいしく、しかも飲むと不老不死になるということで、神々たちは「へべれけ」になるまで飲んだそうです。このお酒こそが、霊酒「ネクタル」です。
果実のネクタリン、清涼飲料水のネクターは、このギリシャ神話を元に名付けられたもので、美酒「ネクタル」のようにおいしいという意味合いがあるのです。
「へべれけ」という言葉は、「Hebe erryeke(ヘベ・エリュエケ=女神ヘベのお酌)」というギリシャ語から作られた日本語だそうです。

« 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その4_アーモンド | トップページ | 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その6_ベニスモモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/57696099

この記事へのトラックバック一覧です: 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その5_ネクタリン:

« 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その4_アーモンド | トップページ | 李の花(笛吹川フルーツ公園)_その6_ベニスモモ »