2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ヤマザキコッペパンシリーズ_その17_バター風味チキンカレー | トップページ | CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)_その27_アスカネット①(大津 恵) »

2016年8月24日 (水)

CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)_その26_ニコン イメージング ジャパン(D5&D500/柏瀬 しおり/浅香 ななみ)

CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)」シリーズ、「CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)_その25_バンガード②(志織)」のつづきです。

ニコン イメージング ジャパン
[撮影日:2016/2/26(金)]

1_dsc_6229r
すでに発売になっていますが、新製品の目玉はD5とD500でした。
特にオリンピックイヤーにはニコンもキヤノンもフラッグシップ機の新製品を出すことになっています。

Nikon D800  Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)  at f4  1/60sec.(ISO320)
Nikon スピードライトSB-700発光  Nikon バウンスアダプターSW-14H使用

2_dsc_6334r
ニコンのフラッグシップ機D5での作品、スポーツ系のプロ用カメラです。

Nikon D800  Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)  at f4  1/20sec.(ISO320)

3_dsc_6332r
D500、DXフォーマット(APS-Cサイズ)の最上位機種D300sの後継機種、待ち焦がれての登場でした。
D5は秒12コマ、D500は秒10コマのスポーツ系動きもの用のカメラです。
三脚を立ててゆっくりと花撮りをしている“ぽよりん”にはあまり関係のないカメラです。。。

Nikon D800  Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)  at f4  1/50sec.(ISO320)

4_dsc_6561r
左から柏瀬 しおりさん、浅香 ななみさん

Nikon D800  Ai AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D(IF)  at f4  1/125sec.(ISO320)
Nikon スピードライトSB-700発光  Nikon バウンスアダプターSW-14H使用

« ヤマザキコッペパンシリーズ_その17_バター風味チキンカレー | トップページ | CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)_その27_アスカネット①(大津 恵) »

コメント

おはようございます
D700だんだん時代遅れになっていくようですが 今でも
いいカメラだと思っています

★ カメラ夢遊さん、こんばんは。 cloud (26℃/2m/s)

そうですよね。

D700は2008年7末に発売された1週間後に購入しました。cameramoneybag
デジ一眼で手放したものも数台ありますが、D700はそれから
ちょうど8年間もずっと現役です。up

時代遅れな感じがあるとしたら1200万画素くらいですかね。
それ以外は、手元にあるD800と5Dmk3と使用感含めて、
そんなに変わらないですよ~。
バッテリーパック MB-D10を付けると秒7コマと手持ちのカメラで、
いまだに最速だったりします。run

この1200万画素は、古いMFレンズにはピッタリ合う感じなので、
D700は壊れない限り、ずっとそばに置いとこうと思います。heart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508412/64091037

この記事へのトラックバック一覧です: CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)_その26_ニコン イメージング ジャパン(D5&D500/柏瀬 しおり/浅香 ななみ):

« ヤマザキコッペパンシリーズ_その17_バター風味チキンカレー | トップページ | CP+2016(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2016)_その27_アスカネット①(大津 恵) »