2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016東京インターナショナルオーディオショウとオーディオ遍歴_その2 | トップページ | 東京メトロ&ぐるなび「レッツエンジョイ東京」の広告_2016年10月_カルチャーの街・池袋で秋を満喫 »

2016年10月 5日 (水)

2016東京インターナショナルオーディオショウとオーディオ遍歴_その3

“ぽよりん”のオーディオ遍歴のつづき

[第4世代…1994年頃]
スピーカー・・・YAMAHA NS-1200classics(定価180,000円×2)
プリメインアンプ・・・SANSUI AU-α907i MOS Limited(定価260,000円)
CDプレーヤー・・・PHILIPS LHH800R(定価450,000円/入院治療中)
FM/AMチューナー・・・YAMAHA T-6a(定価44,800円)
レコードプレーヤー・・・PIONEER PL-50LⅡ(定価95,000円/現役中)
昇圧トランス・・・audio-technica AT660T/OCC(定価38,000円/現役中)
MCカートリッジ・・・audio-technica AT33E MC(定価35,000円/現役中)
カセットデッキ・・・AKAI GX-73(定価79,800円)

CDプレーヤーSONY CDP-502ESの調子が悪くなってからブラインド試聴により選んでPHILIPS LHH800Rに買い替えました。(関連記事…CDプレーヤー PHILIPS LHH800R 逝く
LHH800Rを導入してからそれまで優位だったLPレコードがCDに負けはじめました。プリメインアンプSANSUI AU-α907i MOS Limited内蔵のフォノ入力の前に昇圧トランスaudio-technica AT660T/OCCを入れることで音質が向上しました。

[第5世代…2002年頃~2016年1月]
スピーカー・・・TANNOY Turnberry/HE(定価290,000円×2/現役中)
プリメインアンプ・・・LUXMAN SQ-88(定価450,000円/現役中)
CDプレーヤー・・・PHILIPS LHH800R(定価450,000円/入院治療中)
FMチューナー・・・ONKYO INTEGRA T-429R(定価69,800円/現役中)
レコードプレーヤー・・・PIONEER PL-50LⅡ(定価95,000円/現役中)
フォノアンプ・・・LUXMAN E-03(定価126,000円/現役中)
昇圧トランス・・・audio-technica AT660T/OCC(定価38,000円/現役中)
MCカートリッジ・・・audio-technica AT33E MC その他数種(現役中)
USB Audio Interface・・・Roland QUAD-CAPTURE UA-55(定価27,800円/現役中)

カセットデッキAKAI GX-73が壊れてしまいましたが、カセットテープの時代はすでに終わっていたので新たな購入はしませんでした。

新たな良い店員さんに出会ったのがきっかけで、スピーカーとプリメインアンプを心機一転買い替えました。
自分の目指す、好きな音が明確になってきました。
アナログプレーヤーの音質強化のためにフォノアンプを追加、FMも美しい音で聴きたいので中古品ですがFM専用アナログチューナーを追加しました。時代の流れで、ハイレゾ系をなんちゃってではありますがUSBオーディオインターフェースで始めました。
ここには書きませんが、MCカートリッジの追加、電源系の強化のために電源ボックス、電源ケーブル、壁コンセントの追加、ラインケーブルの強化などを加えながら、故障の相次ぎ始めた本年1月に至ります。

[第6世代…現在]
スピーカー・・・TANNOY Turnberry/HE(定価290,000円×2)
プリアンプ・・・Accuphase C-2420(定価680,000円)
パワーアンプ・・・Accuphase A-47(定価630,000円)
プリメインアンプ・・・LUXMAN SQ-88(定価450,000円)
アンプセレクター・・・LUXMAN AS-55(定価55,000円)
SACDプレーヤー・・・Accuphase DP-720(定価1,100,000円)
CDプレーヤー・・・PHILIPS LHH800R(定価450,000円/入院治療中)
FMチューナー・・・ONKYO INTEGRA T-429R(定価69,800円)
レコードプレーヤー・・・PIONEER PL-50LⅡ(定価95,000円)
フォノアンプ・・・LUXMAN E-03(定価126,000円)
昇圧トランス・・・audio-technica AT660T/OCC(定価38,000円/現役中)
MCカートリッジ・・・audio-technica AT33E MC その他数種
USB Audio Interface・・・Roland QUAD-CAPTURE UA-55(定価27,800円)

本年の機材購入、機材の故障に関する記事:
アキュフェーズC-2420+A-47参上!!_その1_パワーアンプA-47
アキュフェーズC-2420+A-47参上!!_その2_プリアンプC-2420
真空管プリメインアンプ LUXMAN SQ-88 入院&退院
CDプレーヤー PHILIPS LHH800R 逝く
アキュフェーズSACDプレーヤーDP-720参上!!
なぜベストを尽くさないのか!~PHILIPS LHH800R 治るかも~入院

Img_5298r
さまざまな遍歴を経て、写真は現在のオーディオ機器です。

Canon PowerShot S120  at f2.2  1/30sec.(ISO250)

« 2016東京インターナショナルオーディオショウとオーディオ遍歴_その2 | トップページ | 東京メトロ&ぐるなび「レッツエンジョイ東京」の広告_2016年10月_カルチャーの街・池袋で秋を満喫 »

コメント

おはようございます
3世代まで進化ですか 私3世代 30年ほど前で止まっています
ソニーのSS-G7を超える虜になるものに出会えませんでした

ごぶさたしてます。
すごいオーデオ遍歴なんですね。・・・目がくらんでます。
最近は、ハイレゾなどという、昔のオーデオに匹敵する音の出る
機器も、目がくらむ値段で登場してますね。
うちの弟が、ハイレゾに散財してます。
私のほうは、目いっぱいがんばって、
カーオーデオのスピーカーを替えました。
確かに、いい値段のものは、音がよく聞こえました。
ぽよりんさんは、何事にも徹底してますね。

★ カメラ夢遊さん、おはようございます。 (24℃/3m/s)

カメラ夢遊さんは第3世代で止まったんですね。
ソニーのSS-G7は38cmウーファーでしたっけ、どういうアンプで鳴らしてたんですか???

ぽよは始めた趣味が止まるきっかけがなく、だらだらと第6世代まで来ちゃいました。
スピーカーを中心に考えると第4世代ですが。。。

★ 写真道楽人さん、おはようございます。 (24℃/3m/s)

弟さん、ハイレゾで散在ですか。

ぽよの方は、なんちゃってハイレゾです。
レコードを192kHz/24bitで録音してパソコンに貯めています。
録ったものは、BGMで流してます。
CDやらレコードやらをセットしなくて済むのでパソコン経由のハイレゾは楽です。

いずれ本格的なハイレゾ用のDACを買うような気がします。

> ぽよりんさんは、何事にも徹底してますね。

アハハ、ありがとうございます。
始めた趣味は写真とオーディオだけなんですが、やめるきっかけがなく、ダラダラと。

おはようございます
>ソニーのSS-G7は38cmウーファーでしたっけ、どういうアンプで鳴らしてたんですか???
38㎝ウーハーで朗々と鳴ってくれました 使ってたアンプはヤマハのC2a+B5です
パワーアンプ ローディの9500?相性がいいと言われていたけれど私ヤマハのアンプ特に
C2aのスタイルに惚れ込んでしまいました・・・

★ カメラ夢遊さん、こんばんは。 (22℃/1m/s)

ヤマハのC2aとB5ですか、ハイファイ堂で見たことあります。
センモニをしっかりと鳴らしてましたよ。

Lo-D HMA-9500って、たしか長岡先生お気に入りのパワーアンプだったような。
物量大量投入の超ド級の重さだったですよね。
日立がステレオを作っていたなんて、遠い昔のことですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2016東京インターナショナルオーディオショウとオーディオ遍歴_その2 | トップページ | 東京メトロ&ぐるなび「レッツエンジョイ東京」の広告_2016年10月_カルチャーの街・池袋で秋を満喫 »