2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ

« こっこの旅_その2_安倍川もち | トップページ | XLRバランスケーブルSAEC XR-5000用リング再び »

2017年6月23日 (金)

スコッチウイスキー The Glenlivet 12 Years of Age(ザ・グレンリベット12年)

青リンゴの風味を確認するためにグレンフィディック12年(スコッチウイスキー Glenfiddich Aged 12 Years(グレンフィディック12年)/青リンゴ王林と南高梅)を飲んでみました。
青リンゴというよりも洋ナシの風味の方が支配的な感じでした。

それじゃぁ、青リンゴを求めてグレンリベット12年も試してみないと。

1_img_7331r
シングルモルトウイスキー ザ・グレンリベット12年 700ml 40度 税前定価5,370円のところ税前2,780円で、全国展開している酒店で購入しました。

Canon PowerShot S120  at f2.2  1/30sec.(ISO500)

2_img_7338r
グレンリベットはゲール語で「静かな谷」を意味するそうです。

Canon PowerShot S120  at f2.2  1/30sec.(ISO400)

3_img_7342r
アハハ、封を開けたら、すぐに青リンゴの香り。ストレートで口に含んでも青リンゴの味。
あと味でナシの味も感じられました。

テイスティングノート(メーカーHPより)

全てのシングルモルトの原点となった完璧なバランス。
香り・・・トロピカルフルーツや花の香り、夏の草原を想わせる香りがエレガントに調和。
味わい・・・ザ・グレンリベット特有のバニラ、はちみつの甘さを伴う芳醇でソフトな風味。
フィニッシュ・・・柔らかく滑らかな余韻。

Canon PowerShot S120  at f2.2  1/30sec.(ISO500)

ウイスキー関連記事(アンダーラインの反転部分をクリックするとリンク先の該当記事に行けます):
ニッカウヰスキー「シングルモルト宮城峡500mlノンエイジ」/アサヒ飲料「WILKINSON(ウィルキンソン)炭酸水」
キリンビール「ジョニーウォーカー ブラックラベル12年」の広告/ジョニ黒
スコッチウイスキー BELL's(ベル)
スコッチウイスキー Ballantine's FINEST(バランタイン ファイネスト)
バーボンウイスキー Early Times Yellow Label(アーリータイムズ イエローラベル)
スコッチウイスキー JOHNNIE WALKER Red Label(ジョニーウォーカー レッドラベル/ジョニ赤)
バーボンウイスキー I.W.HARPER GOLD MEDAL(I.W.ハーパー ゴールドメダル)
キリンビール「ジョニーウォーカー グリーンラベル15年」の広告/ジョニ緑
スコッチウイスキー Highland Park Aged 12 Years(ハイランドパーク12年)
バーボンウイスキー Evan Williams Aged 12 Years(エヴァン・ウイリアムス12年)
スコッチウイスキー The MACALLAN 12 Years Old(ザ・マッカラン12年)
スコッチウイスキー LAPHROAIG 10YEARS(ラフロイグ10年)
スコッチウイスキー Ballantine's Aged 12 Years(バランタイン12年)
ニッカウヰスキー「ハイニッカ」
スコッチウイスキー Old Parr Aged 12 Years(オールド・パー12年)
スコッチウイスキー JOHNNIE WALKER Blue Label(ジョニーウォーカー ブルーラベル/ジョニ青)
サントリー「SUNTORY WHISKY WHITE(サントリーウイスキー ホワイト)」
ニッカウヰスキー「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」
ニッカウヰスキー「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」大人買い!
ニッカウヰスキー「ブラックニッカ スペシャル」
ニッカウヰスキー「ブラックニッカ クロスオーバー
ニッカウヰスキー「ブラックニッカ クロスオーバー」箱入り娘
スコッチウイスキー Glenfiddich Aged 12 Years(グレンフィディック12年)/青リンゴ王林と南高梅

« こっこの旅_その2_安倍川もち | トップページ | XLRバランスケーブルSAEC XR-5000用リング再び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« こっこの旅_その2_安倍川もち | トップページ | XLRバランスケーブルSAEC XR-5000用リング再び »