2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« フジパン「パインぱん」_2019年度バージョン | トップページ | しいの食品「いか塩辛 本身づくり」 »

2019年7月19日 (金)

玉乃光酒造「酒魂 純米吟醸 玉乃光」

一度飲んでみたいと思っていたところ、いつも「美峰酒類「司焼酎」」を購入している店で発見したので買って帰りました。

Img_0765r
720ml税前980円でした。
日本酒度+3.0/酸度1.8/アルコール度数15とのこと。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/30sec.(ISO800)

Img_0768r
飲んで忘れないうちにメモを書いておいたので、それをそのまま。。。

[常温]
・弱めの吟醸香、米の香りは控え目
・ひとくち目、口当たりは中口、それほど甘くも辛くもない
・2口目以降、強くない甘みのあと、弱めのキレが訪れ、日本酒特有の辛みが残る
・韓国直輸入キムチと合わせてみたが、キムチも日本酒も甘みが増し食が進む。食中酒としてグッド

[熱燗]
・ひとくち目、基本、常温と変わらないが、まろやかになる。上品なディスイズ日本酒味
・2口目以降、弱い甘みと辛さが同時に出てきて面白い、あじの南蛮漬けのうま味が増した

[冷酒]
・冷酒にしても、吟醸香は常温や熱燗と同様にある
・飲み口スッキリ、口の中に残る辛さは、一番少ない
・冷酒は甘いのかと思ったが、3つの飲み方ともに甘さは少ない

味付けの少ないつまみにアタックすることがない造りになっているのかもしれない。もう少し吟醸香があって、甘みももう少しあって、そう、自己主張してくれてもいいかな。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO640)

« フジパン「パインぱん」_2019年度バージョン | トップページ | しいの食品「いか塩辛 本身づくり」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フジパン「パインぱん」_2019年度バージョン | トップページ | しいの食品「いか塩辛 本身づくり」 »