2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 玉乃光酒造「酒魂 純米吟醸 玉乃光」 | トップページ | 明治「銀座カリー」 »

2019年7月20日 (土)

しいの食品「いか塩辛 本身づくり」

ここ数年見ていなかった“ぽよりん”美味いものリスト。
これには実際に食べて美味かったものを整理しておいたもの。

JR小田原駅まで行かないと手に入らないことが分かったのですが、これだけのために出かけてゲットしてきました。

1_img_0808r
創業明治二十七年 四代 松五郎とあります。
時代劇の貸元の親分の名前みたいだな。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO640)

2_img_0813r
HPによると、
「新鮮ないかの皮を剥いだ刺身用の胴肉だけを使ったいか塩辛です。足や耳を使わず、さらに皮も剥いでありますので生臭みがなく、上品な味わいのいか塩辛の特級品です」

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO640)

3_img_0816r
蓋を開けてみると、イカの塩辛特有の臭いがしました。
いくら生臭みがないといっても、イカの塩辛の製造過程を考えると、全くしないなんてありえないよねぇ~。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO640)

4_img_0819r
当然、日本酒といっしょに食べました。
「正統派のいかの塩辛なんだな、これは!」という印象を強く感じました。

そうそう、値段の方ですが、702円(税前)なり~。

しいの食品といえば酒盗とのこと、小田原には滅多に行かないから、一番の売れ筋の「かつを酒盗」なるものもゲットしてきてあります。こちらは、食べ終わったら記事にする予定です。

いかの塩辛の関連記事:
みその「いか塩辛 極上白造り」
みその「いか塩辛 極上白造り」_その2

Canon PowerShot S120  at f3.5  1/50sec.(ISO800)

« 玉乃光酒造「酒魂 純米吟醸 玉乃光」 | トップページ | 明治「銀座カリー」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉乃光酒造「酒魂 純米吟醸 玉乃光」 | トップページ | 明治「銀座カリー」 »