2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« CP+2018(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018)_その26_東芝メモリ④(佐藤 美央里) | トップページ | あけぼの山農業公園のコスモス_その1 »

2019年9月 2日 (月)

中田屋「きんつば」と山崎製パン「角きんつば」

かなり前に食べて、これより美味いきんつばはないのではないかと記憶していたのが中田屋のきんつば。
銀座にある石川県のアンテナショップ(いしかわ百万石物語・江戸本店)にそれが置いてあると知ったら、甘党でもある“ぽよりん”としては速攻で行かないと。。。

中田屋のきんつばの開封ショーをどうぞ!!!

1_img_1014r
『2019年、きんつば中田屋はみなさまのおかげで 85周年を迎えることができました。』
とHPに出ていました。
昭和9年(1934年)の創業ということですね。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/20sec.(ISO800)

2_img_1020r
この龍のシンボルマークは、創業者である「中田 憲龍」の名前が由来とのこと。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO640)

3_img_1025r
6個箱入、1,145円なり~。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO500)

4_img_1026r 
『中田屋のきんつばの、その特徴は半分に割ったときに見ることができる、艶やかなつぶ餡です。職人が大粒の大納言小豆の形を崩さないよう、丁寧に時間をかけてじっくりと炊き上げたものです。
食べて美味しく、見ても楽しめるのが和菓子です。その美観を損なわないよう、外観の隅々まで注意を払い美しく仕上げます。 』(HPより)

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO400)

5_img_1031r
アンテナショップでは、ばら売りはしてませんでしたが1個195円です。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO500)

6_img_1037r
美しい~!

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO800)

7_img_1041r
果物ナイフでカットしてみました。
北海道産極上大納言小豆、大粒ですね。
なぜか「餃子の王将」の小皿の上に。。。

ああっ、数年前の味の記憶がよみがえったよっ!
甘すぎず、上品な味わい、小豆の食感もたまらないねっ!

これより美味いきんつばがあったら教えてくれ~~~。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO500)

8_img_1003r
同日に食べ比べしたんじゃないです。
こちらはヤマザキのきんつば、正式名称は「角きんつば」のようです。

『薄い皮に小豆餡をたっぷり包みました
小豆本来の素材の味をいかした餡を生地で包んだ伝統的な和菓子です。甘さをひかえめにし、口当たりよくまろやかに仕上げました。』(HPより)

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/30sec.(ISO800)

9_img_1009r
スーパーに置いてあります、1個83円でした。
これを手に取って買う人を見たことはないのですが、ときどき売り切れになっているところを見ると、根強いファンがいるんでしょうね。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO640)

10_img_1011r
切り口、中田屋のきんつばと大きく異なるのが一目瞭然です。
比較する相手が悪すぎるので、コメントはしませんが、ヤマザキのしか知らなかったら、これはコレで十分ありだと思います。

Canon PowerShot S120  at f2.8  1/40sec.(ISO800)

« CP+2018(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018)_その26_東芝メモリ④(佐藤 美央里) | トップページ | あけぼの山農業公園のコスモス_その1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CP+2018(CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW 2018)_その26_東芝メモリ④(佐藤 美央里) | トップページ | あけぼの山農業公園のコスモス_その1 »