2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 燈籠坂大師の切通しトンネル_その4_燈籠坂大師堂 | トップページ | 近所に咲く花<125>_オオシマザクラ »

2022年4月30日 (土)

中国料理 玉泉亭「サンマーメン」

3月の出来事です。

サンマーメン、好きです。
元祖サンマーメンの店、こういう記事をネットで見つけちゃったので行くしかない。

1_dsc_8153r
到着~。
中国料理 玉泉亭(横浜市中区伊勢佐木町)
創業は大正7(1918)年とのこと。
風俗街の一角にあってビックリ、昼だったからいいけど、夜に行くのはイヤだなぁ。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/800sec.(ISO64)

2_dsc_8152r
一番上の段の左から3番目に「うまい!! ニラレバ炒め」ってあるぞ。
800円、いいじゃないか、これにしよう。

いや、いかんいかん、目的はサンマーメンじゃないか。
一番下の段のど真ん中に「人気NO.1 サンマーワンタンメン」とある。
さあ、入ってみよう~。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/640sec.(ISO64)

3_dsc_8131r
メニュー、ご飯もの、一品料理などが出ている。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/250sec.(ISO64)

4_dsc_8128r
裏返すと麺類、おおっ、サンマーメン670円、サンマーワンタンメン820円、ここは元祖サンマーメンにしよう。
それにしてもかなり良心的な値段だな。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/250sec.(ISO64)

5_dsc_8136r
元祖サンマーメン参上!

これまでの記憶では、
・スーパー銭湯内の店舗
・崎陽軒 中華食堂
・餃子の王将
でサンマーメンを食したことがある。(美味かった順に並べてある)

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/125sec.(ISO64)

6_dsc_8143r
麺は細麺なんだな。
スーパー銭湯内の店舗のも細麺だった。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/100sec.(ISO64)

7_dsc_8148r
完食なり~。

これまで食したサンマーメンで出来上がっていたイメージからは大きく違った。
・餡かけのトロミ・味ともに薄め
・焦げ風味ナシ
・スープの味はあっさり→おかげで完食できた

これが元祖なりってことかな。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/200sec.(ISO64)

8_dsc_8142r
有名人もたくさん来店しているようですね。

SONY Xperia 1 SO-03L at f1.6 1/100sec.(ISO80)

百余年愛され続けるサンマーメン『玉泉亭』(1918年創業)
横浜で生まれたラーメンの一つに「サンマーメン」がある。モヤシや野菜を使った餡掛けがたっぷりと乗ったラーメンだが、その元祖とも呼ばれる店が『玉泉亭』(神奈川県横浜市中区伊勢佐木町5-127)である。その創業は大正7(1918)年と、百年を越える歴史を持つ老舗だ。
創業当初は西洋料埋と中華料理、さらに日本料埋も出す「三国料理」の店として喧伝。ラーメンがまだ慣れ親しまれてなかった時代に「元祖横浜ラーメン」を謳い文句にラーメンを販売。戦後に繁華街である伊勢佐木町に移転して人気を集めた。数あるラーメンの中でも、古くからの看板メニューが「サンマーメン(生碼麺)」だ。
サンマーメンは調理のスピードが命。手際よくモヤシや野菜を炒めて餡掛けにして、ラーメンの完成のタイミングで丼で合わせる。シャキシャキとみずみずしい食感を残す餡掛けが、優しい味わいのラーメンに力強さを与える。今食べても決して古さを感じさせない、百年愛される横浜ならではのラーメンだ。
by フードジャーナリスト 山路 力也氏

« 燈籠坂大師の切通しトンネル_その4_燈籠坂大師堂 | トップページ | 近所に咲く花<125>_オオシマザクラ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 燈籠坂大師の切通しトンネル_その4_燈籠坂大師堂 | トップページ | 近所に咲く花<125>_オオシマザクラ »